制作方法


アニメ制作のプロセス

WAFLで主流のアニメの作り方をご説明しましょう.
作品ごとに違いはありますが,おおむね以下の流れにそって制作が行われています.


1.企画を立てる

どんな方向性の作品か決めましょう.
いつ,どこで,誰が,何をする話なのかを考えたり,
キャラクターの特徴をあれこれ想像したり.


2.シナリオを書く

具体的なストーリーの展開を決め,それを文章にしてみましょう.
台詞やト書きなども書き加え,脚本としての形を整えます.


3.設定を考える

登場するキャラクターのデザイン,
舞台,小道具などの外観,機能などを決めていきます.

キャラデザ

4.絵コンテを切る

いよいよ絵コンテです.
絵コンテは“映像の設計図”といえるものです.
被写体の構図を示したイラストと,
それを補足する説明書きによって,
映像の一連の流れ,作品の輪郭を
目に見える形にします.

絵コンテ

5.レイアウトを組む

絵コンテが出来たら,1カット毎に,より具体的な画面の構成を決めていきましょう.


6.作画する

絵コンテ,レイアウトに沿って作画用紙に動画を描いていきます.
並行して背景を描く作業もおこないます.

作画1 作画2 作画3 作画4

7.スキャン,彩色をする

描いた動画や背景をスキャンして取り込み,パソコン上で彩色します.
背景は,直接絵の具などで彩色する場合もあります.


8.撮影する

カット毎に1枚1枚動画を並べ,一つの動きを持たせます.
また,特殊効果をつけて,映像に厚みを加えていきます.


9.編集する

完成したカットを順番通りに並べ,長さやタイミングを調整します.
音声,BGM,効果音もここでつけます.


10.完成

出力をおこなって完成です.

このページの上部へ戻る